【時間が遅れる理由】故障以外にもあった!

【時間が遅れる理由】故障以外にもあった!

「正確に合わせたつもりがまた遅れている!」

なんてこと、よくありませんか?

 

『時間の流れは全人類平等!』

その中でも2種類の人種に分かれます。

 

ズレていることに…
・「すごく気になる!」のキッチリ派
・「ざっくり合ってればいいやー」のゆるんと派

 

皆さんはどっち派?

…と、脱線しましたね。

とりあえず今回は、『なぜ遅れるのか?』について語っていきたいと思います。

 IMG_6218.jpg__PID:8b26fb0f-f3cb-4270-bb75-6a5a353fdfba



そもそも時間が遅れることは珍しくない


遅れる理由の多くは、

・電池切れや故障による内部の問題
・精度

といった2種類になります。

 

精度?

あまり聞き馴染みありませんね。

 

精度とは

候補2.jpg__PID:13f8a281-ac40-4567-ac42-45b7ac7558f8


時間の進みや遅れの度合いのことを指します

例えば…
月の誤差を±60秒と定めていた場合、時刻が1分ずれていても誤差の範囲内と判断できます。

しかし、1か月で±10分・20分と遅れが出て、調整しても直らない場合は故障となります。

 

精度には時計の種類によって基準決められています。

 

ざっくりとまとめました。

 

各時計の精度について

・クォーツ式時計

別名”電池式時計”と呼ばれ、電池と電子回路で時計を動かしています。

特徴はとても安価で精度が良いところです。
クォーツ自体のグレードにもよりますが、大体月差±60~120秒ほどが許容範囲です。

ほとんどの時計ではクォーツ式が採用されています。

 

・機械式時計

機械式時計の動力はぜんまいの巻き上げ力のみ!
リューズをぐるぐると巻くやつですね。

実は電池式時計に比べ、精度が悪いです。
日差±10~20秒くらいまでが許容範囲とされています。
その上、巻き上げないといけない手間があるのにも関わらず、、、めっちゃくちゃ高いです!

『機械式=高級』と覚えておいてくださいね。

 

※時計本体の性能やブランドによって精度の幅も違ってきます。

 

 

 

故障の場合、考えられる原因は?


電池の消耗
 

クォーツ式の場合、電池の消耗が一番に考えられます。

取付時点ではもちろんのこと、取付していない場合も電池は常に自己放電しています。

電池交換の場合、交換した時点で正しい動作に戻りますが、交換しても戻らない場合は以下の原因が挙げられます。

  

部品による消耗・破損 

時計の針を進める部品が消耗・破損している場合があります。

動作している以上、部品も常に消耗を始めていることはご存知でしょうか?

変な話、使っていなくても少しずつ経年劣化していっているのです。

他にも、強い衝撃を与えたり磁気の影響を受けたりしても故障の原因になったります。

その場合は、部品交換が必要となります。

 

まとめ

 


いかがでしたか?

時間がズレるといっても色々な理由がありましたね。

某高級時計なんかも時間のズレが±120秒だったりするので、「精度は意外と価格に比例しないのかな?」なんて私は思っちゃいます。

私たちtimberdyも何百万の時計も精度はそんな大差ないので、精度は価格に比例しないんだなーと感じました。

少しでも参考なれば幸いです

ブログに戻る

コメントを残す